フォトアルバム

時計

  • TPDD

動画ギャラリー

  • 政府紙幣発行案について 第弐部
  • 政府紙幣発行案について 第壱部

異時間同位体の当該メモリにアクセス許可申請

  • なかのひと
  • Yahoo!ボットチェッカー Googleボットチェッカー MSNボットチェッカー
Powered by Six Apart
Member since 07/2009

株価

全球

  • ウェザーニュース
  • 回るお since Nov 17, 2009

Google Translate

マンガ・アニメ Feed

2010年8月30日 (月)

☆サルでもわかる!マスコミが隠したがる本当の日本経済

http://www.youtube.com/watch?v=HKIwkzq-pO4&feature=PlayList&p=29228CDBABAF0DCF&index=0&playnext=1

日本はとてつもない国です!
国の借金は、国民の借金ではありません!
国が国民にお金を借りて借金してるのであって、国民が国から借金している訳ではないの

です!
マスコミのウソを見抜いて下さい!
【お宝池のカフェ トレジャ~日本経済について~】の動画編集版です。
原案 丹羽信道
漫画 今村敏樹
監修 小野盛司
動画編集 hinomaruojisan JapaneseReaction

この作品の権利は「日本経済復活の為のWeb漫画をつくる会」に帰属します。
Webでの閲覧は無料ですが、許可なく印刷、製本、出版等にご利用することは固く禁じます。

日本経済復活の会 
http://www.tek.co.jp/p/
2010年6月22日(火) 読売新聞(朝刊)22面掲載(東京)の意見広告
http://www.tek.co.jp/p/pdf/ajer_adv.p...

小野盛司・中村慶一郎 共著 【お金がなければ刷りなさい】 
http://www.tek.co.jp/p/books/books06....

小野盛司 著 【日本はここまで貧乏になった】
http://www.tek.co.jp/p/books/books05....

編者:日本経済復活の会 【積極財政で財政が健全化する!】-日本経済復活の会シンポジウム2004より-
http://www.tek.co.jp/p/books/books03....

著者:小野盛司 【政府貨幣発行で日本経済が蘇る】
-世界を代表する経済学者達の提言に耳を傾けよ-
http://www.tek.co.jp/p/books/books01....

経済学博士丹羽春喜の経済論 
http://niwaharuki.exblog.jp/

丹羽春喜ホームページ 
http://www.niwa-haruki.com/

経済学博士菊池英博 
http://www.youtube.com/watch?v=Q9FOxH...
菊池英博 著 【消費税は0%にできる―負担を減らして社会保障を充実させる経済学】
http://www.amazon.co.jp/%E6%B6%88%E8%...
菊池英博 著 【増税が日本を破壊する】
http://www.amazon.co.jp/%E5%A2%97%E7%...

経済コラムマガジン
http://www.adpweb.com/eco/

情報統合思念体
http://shinentai.blog.eonet.jp/

☆経済を知らずして愛国を語るなかれⅤ
http://www2.rocketbbs.com/11/bbs.cgi?...

音楽素材は【音楽魂】様から使用させて頂きました。
http://maoudamashii.jokersounds.com/

2009年12月20日 (日)

世界のハレ晴レユカイ ハルヒダンス

本物は何もしなくても自然に広がる。
誰がいまの世界中に広がるハルヒ人気を予期できただろうか?
誰もしていなかっただろう。
いや、一部ライトノベルの世界では人気を予想した人が居たかもしれない。
しかし、世界中で知られるまでに人気が出ると想定し、世界に向けて宣伝広告でもしただろうか?していなかった。
それでも本物は世界で評価されてしまうのだ。

世界中を旅してきた友人と話したときだった。
「どこの国に行っても日本のアニメを見たし、評価されているよ。ドラえもん、クレヨンしんちゃん、キャプテン翼など・・・。ほんとどこの国に行っても日本アニメの悪評を聞いたことがないし、むしろ人気があった。それも年々その人気は増加しているようだったよ」。と
その通りだと思う。

たとえばこれ、スペインにあるマジンガーZの銅像
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20060821_mazinger_z
こんなのぜんぜん知らなかった。

それから、
イラクのサマーワに駐留していた自衛隊の給水車にキャプテン翼のイラストが描れ、現地の子供たちに大変喜ばれた事が外務省のサイトに掲載されている。

在サマーワ連絡事務所より サマーワ「キャプテン翼」大作戦 -給水車が配る夢と希望-
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/iraq/renraku_j_0412a.html

このイラストを見て現地の人たちは「キャプテン翼の日本だ!」と日本人を知るのだ。
それはどういう意味を持つのだろう?

ネットという強制力のない場を介して世界中の人たちがハルヒを知り、政治的、社会的、経済的制約を受けない純粋な目で見て「面白い!」と人気を得ているのはどうしてか?或いはまたどういう意味を持つのか?
自国と違う歴史文化風土であるにもかかわらず、ハルヒやキャプテン翼を見て素直に面白いと興味を持ち、日本の素晴らしさを知る。

本物の感性、ピュアな目で評価されてしまうとはどういう意味を持つのか。
アニメだけではない。
日本精神が世界に評価されてしまうのは何故か。

麻生内閣の目指したブランド戦略の背景には、これからの日本の国家ビジョンや経済戦略以前に、これまでの日本文化や歴史、ひいては日本人が日本人の価値観を改めて見つめ直す鍵があったのではないだろうか。

過去を大雑把に振り返れば、フランス革命勃興のきっかけ、そしてまた背景となった啓蒙思想の広がりは、その後の西洋人のみの民主主義制度確立や、ほぼ同時期イギリス産業革命の主軸となり西洋人の独善的植民地支配を支えた。
愚かなことに戦争の火種となった帝国主義を世界各国に生み出し、それは共産主義・社会主義に形容変化させながら過ちを邁進させた。
今世紀においては新自由主義という名の無政府資本主義に形を変えて現れてしまった大過の価値観ではないだろうか。

その過ちの価値観の根源は、当然我々日本人が脈々と受け継いできた価値観とは相容れない「支配者」と「従属者」の対立構造を意図的に生む価値観なのだろうが、つまりその過ちの価値観と対峙するのが日本人の「和の精神」の価値観であり、大東亜戦争時にはやむなく戦争を選択させるまでに追い詰めたのだろう。
戦争をしてでも護ろうとした尊く神聖な価値観が今、60数年の時を経て世界中の良識をもつ一般市民に評価されているのだと、現代のハルヒ人気を見て想う。

極上コイル

福島の野菜

  • ↓で風評被害で苦しむ福島の安全で美味しい野菜が買えます

最近のトラックバック

ウェブページ